先天性奇形

妊婦には葉酸が必須?

妊娠している女性への葉酸摂取の推奨は、厚生労働省からも行われています。
母子健康手帳には、2002年からこうした記載がされるようになりました。
任意記載事項ということで、記載の判断は各市町村に任せられていますが、現在ほとんどの地域で記載が認められています。
国からお墨付きをもらった栄養成分というわけですね。

それでは、なぜこんなにも妊婦さんにとって必要となるのでしょうか?
大きな理由の1つに、胎児の先天異常のリスク軽減があります。
様々な研究の結果により、妊娠の初期段階において、葉酸を摂取した方が、摂らなかった場合よりも、赤ちゃんが先天異常にかかるケースが少ないということが分かっているのです。
もともと日本よりも先天異常の率が高い諸外国では、もっと早くから国からの摂取推奨がされていました。
日本でも段々と先天異常にかかる赤ちゃんの数が増えてきていることから、注目されるようになりました。

しかし、葉酸の働きはこれだけではありません。
葉酸はビタミンBの仲間であり、細胞や血液を作り出すために大いに働いてくれます。
妊娠中は赤ちゃんの身体を作り出すために、赤ちゃん自身の血や細胞が必要なのはもちろん、お母さんの血液も大量に必要となってくるわけです。
葉酸があることで、鉄分がきちんと血液へと変換されてくれます。
鉄分不足で貧血になることはよく耳にしますが、葉酸が不足することでも貧血の恐れがありますので気をつけましょう。
また、妊娠中だけではなく、出産後にも葉酸は活躍してくれます。
授乳によって赤ちゃんの成長を助けてくれますし、そもそも母乳はお母さんの血液が材料となりますから必須の栄養成分ですね。
さらには女性ホルモンの働きを調節することで、出産によって傷ついた母体の回復にも効果が見られます。
妊娠中を通して、さらには産後まで、大いに働いてくれる栄養素なのです。

食品からのみの摂取では、特に必要量が増える妊娠中は不足する恐れもあります。
出来ればサプリメントも併用して、必要な量を確実に摂取出来ると良いですね。